スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初心と目標(後編)

忘れた頃に後編です。

11/25: 初心と目標(前編)

そんなわけで、いろいろ忙しかったのものあり、バスケはまったくやらなくなってしまいました。

そして、バスケをやらなくなって10年ぐらい経ったある日のことです。
ちょうど2010年のプレイオフの真っ最中でした。
「いいな~、おれもバスケ出来るようになりたいな~」なんて思いながら観てました。

「せめて3Pシュートが打てれば、役割ができるのにな~。」

その時、ヒラメキました!一瞬でいろんな考えが頭の中を走りました!!

いまは仕事も私生活も落ち着いてるし、1日30分ぐらいなら時間が取れるんじゃないか?
いまからでも、2年ぐらいかければ、3Pシュートが打てるようになるんじゃないか?
2年後でもまだ38歳だし、まだバスケを楽しむ時間は残されているんじゃないか?
ストバスなら、ハーフコートだし、足が遅くて体力がなくても出来るんじゃないか?
3Pシュートが高確率で入れば、他に何も出来なくても、コートで役割が出来るんじゃないか?
3Pシュートが高確率で入れば、背が低くて、スピードもなくても、バスケが出来るんじゃないか?


・・・やった!バスケが出来る!!

あの時の喜びは今でも忘れません。
今まで見てるだけだったバスケが出来るかもしれない・・・その道筋が見えた瞬間でした。

「3Pシューターに、おれはなる!!」
・・・なぜかルフィの声が頭の中で聞こえました。(笑)

この年齢でバスケを始めて、一からいろんな技術を身につけることは難しい。
なので、ひたすらシュート練習だけをして、3Pシュートのスペシャリストになるのが、最も良い方法だと考えました。
その時、私は具体的な目標を立てました。

2年後までに練習で70%ゲームで40%の確率で決められるようになる!

他のことができない分、3Pシュートだけは、高確率で決められなければいけません。
ディフェンスを振りきってフリーになるスピードがある訳ありません。
シュート回数が少ない分、確実に決められる必要があります。

どフリーでしか打たない!しかし、どフリーだと確実に決める!

そんなプレイヤーを目指しました。

その最低限の基準がゲームで40%です。
そして、ゲームで40%決めるためには、練習で70%決められるぐらいになる必要があります。
・・・たぶん。

あれから1年半経ちました。

3Pシュートが届くようになるのに1年かかりました。

そして、3Pが打てるようになって半年たちましたが、練習で70%、試合で40%はまだまだ遠いです。
遠すぎて嫌になる程です。
確率が低すぎて、いてもいなくてもいいような・・・、
いや、むしろいないほうがいいんじゃないかってぐらいのレベルです。

どフリーでしか打たない!しかも、どフリーでもあんまり入らない!

そんなシューターです。

でも、目標達成期限まで、あと半年あります!!
必ず、目標を達成し、チームにとって必要なプレイヤーになってみせます!

P.S.
私もそうでしたが、世の中には、バスケが好きでも、様々な理由でプレイできない人がたくさんいます。
好きなバスケが出来るということは、本当に幸せなことなんだということをみなさん忘れないで下さい。

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。