スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンスリバウンド

ディフェンスリバウンドについてまとめました。参考にしてください。

ディフェンスリバウンドでは、スキルや高さは重要ではありません。
基本的なことを全員が毎回きちんと実行する意識が大事です。
リバウンドはバスケ経験の少ない私達が、唯一経験者と互角に戦える部分です。
リバウンドを制して、優位に立ちましょう!

①リバウンドを取るまでディフェンスは終わりではない。

シュートを打たれたら、ディフェンスは終わりではありません。
ディフェンスリバウンドを抑えるまでが、ディフェンスです。
せっかく、難しいシュートを打たせても、リバウンドを取られたら無意味です。
ディフェンスリバウンドは、ディフェンスよりも重要です。
ディフェンスリバウンドを取るまで、油断しないようにしましょう。

②シュートはすべて外れると考える。

シュートが外れそうだから、リバウンドの準備をするのではなく、
シュートはすべて外れると考えてリバウンドに入ります。
例え、短い距離のシュートでも、レイアップでも外れる可能性があります。
そして、いざ外れた時にそれに備えていないと、せっかくの相手のミスを帳消しにしてしまいます。
シュートが打たれたら、毎回、外れると考えてリバウンドに入りましょう。
これは、オフェンスリバウンドも同様です。

③ボールを取りに行くのではなく、エリアを守る。

うちのチームが一番できてない部分はここだと思います。
みんなシュートが打たれた瞬間にボールの行方を追い、ボールを取りに行ってます。

ディフェンスリバウンドは、ボールを取りに行くのではなく、オフェンスを外に追いやり、
インサイドのエリアを確保することによって、オフェンスにリバウンドをとらせないようにします。
5人全員が自分のマークマンを完全にブロックアウトすれば、オフェンスはリバウンドを取れません。
そうしておいて、落ちてきたボールをゆっくり拾えばいいんです。

うちの場合、シュートが打たれた瞬間にディフェンスが収縮しています。
しかし、本来は、逆にディフェンスは広がって、支配領域を出来るだけ広げなければいけないのです。
ディフェンスが収縮してしまうと、ゴール下に落ちてきたボールしか取れません。
うちが、ミドル・ロングシュートのロングリバウンドをよくオフェンスに取られるのは、これが原因です。

④自分のマークマンに触れていない状態で、背を向けない。

これもうちのチームが出来てない部分です。
相手に触れていない状態で、背を向けてしまうと、相手の動きがまったくわかりません。
オフェンスは簡単に中に飛び込めてしまいます。

スクリーンアウトの基本は、まず相手に体をぶつけ、相手の動きを封じます。
その上で、ターンして相手を背中に背負った状態でボールの行方を追います。

オフェンスが自由に動ける状態で、ボールに視線を移してはいけません。

相手がある程度距離を置いていて、オフェンスリバウンドに来る気配がない時は、
半身でボールとマークマンの両方を見るという方法もあります。

ただ、半身の場合は左右の揺さぶりへの対応が弱いので、相手が距離を詰めてきた場合は、
すぐさま、相手の方向を向き、飛び込みを防がなければいけません。

前に出て相手に体をぶつけるのは、相手の動きを封じるだけでなく、
自分がリバウンドをとれるエリアを広げるという意味もあります。
ミドル・ロングシュートのリバウンドを取る上でとても重要です。

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。