FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スクリーンアウト!!

バスケにおいて、リバウンドは非常に重要です。
「リバウンドを制するものはゲームを制す」という言葉がありますが、
これは決して大げさではなく、厳然たる事実なのです。

オフェンスリバウンドを取れば、シュートミスが帳消しになり、もう一度シュートチャンスが生まれます。
ディフェンスリバウンドを取れなければ、せっかく良いディフェンスをしたとしても全く意味は無く、
しかも、相手のオフェンスは、自分達がディフェンスリバウンドを抑えるか、相手がターンノーバーするか、
もしくは点を取られるまで永遠に続きます。

ある意味、リバウンドというのは、オフェンス力やディフェンス力よりも重要なのです。

そして、リバウンドを取る為に最も重要なのが、ポジショニング、つまりスクリーンアウトです。

さて、ココからが本題です。

私は以前からウチのチームのメンバーはあまりスクリーンアウトをちゃんとやっていないな~と感じていました。

*もちろん、私もいつもちゃんと出来てるわけではないです。足が動かなくてオフェンスリバウンドに行かない事は多いですし、隙をつかれてオフェンスに中に入られてしまうことも頻繁にあります。疲れているとついサボってしまいます。

ウチのチームは試合でも相手にオフェンスリバウンドを取られる事が多いと思います。
なので、試合中も練習中もリバウンドをちゃんとやるようみんなに声をかけてました。
しかし、あまり改善されているように思えませんでした。
ただ、私もプレイ中は他の人のプレイを観察しているわけではないので、
実際にみんながスクリーンアウトをどの程度やっているのかはわかりませんでした。

で、今日、私は用事があって先にあがることになったので、着がえながらみんなのプレイを見てました。
今日は6人いて、3on3をやってました。

正直、ビックリしました。

6人のうち、6人全員がスクリーンアウトを一切やっていませんでした。

そして、よくよく考えてみて、もっと衝撃的な事実に気がつきました。

私はこのチームで、他のメンバーがスクリーンアウトをしているのをほとんど見た記憶がありませんでした。
ひょっとすると、1回も見たことが無いかもしれません。


非常にショックでした。
今日は外出していて帰りが遅くなったのですが、帰ってから、先日の試合のビデオを観てみました。

ビデオを観て、唖然としました。

試合中、誰もスクリーンアウトを一切していません。一人の例外も無く全員です!
シュートが打たれた瞬間、全員自分のマークマンをほったらかしにして、ボールを見ています。
そして、相手のオフェンスは、ディフェンスの選手の間から、どんどん中に入ってきています。
1人だけではありません!2人も3人も入ってきています!
それに対して、ディフェンスは止めようとするどころか、全く気がついてもいないようでした。

私はこれを見たとき、涙が出そうになりました。
いま、夜中の12時を過ぎてますが、ショックで寝られないため、この記事を書いてます。

これで試合に勝てるわけがありません!
ウチが弱いのは当然です!
勝てるとしたら、オフェンスリバウンドを取りに来ないチームか、
ウチと同じくスクリーンアウトをしないチームだけです。

このままでは、間違いなく冬季大会も1回戦負けになるでしょう。
早急に改善が必要です。

<参考>
バスケットボールの技術を学ぼう「ブロックアウト」
スクリーンアウトって?
スクリーンアウト: Dr.Bのバスケットボール講座

コメントの投稿

非公開コメント

No title

しっかりやるよ!

しっかりやろう!

確かに自分も良く大木さんに怒られます 
自分のマークには責任をもたないとだめですね 意識してやります。

そうっすね

やらなきゃいけないことコツコツ潰すぜ!!皆でやろうscreenアウト!!
メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。