スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショットライン

シュートの精度を上げるいい方法を見つけましたので、シェアします。

ベターバスケットボールシリーズのベターシューティング2で、シュートを打つ際は、
ゴールまでの軌道を思い描いて、そのラインに沿ってボールを動かして、シュートを打つとありました。

ベターシューティング2

でも、実際にやってみると、毎回シュート前にシュートの軌道を頭に思い描くのは、
結構めんどくさいし、時間がかかります。
それに、シュートはゴールに向かってまっすぐ打つので、別に軌道を思い描かなくても、
自然にその軌道に沿ってシュートを打っているはず!と思い、ずっと気にしないで打ってました。

ところが、最近ちょっとシュートの調子が悪かったので、ショットラインを意識していろいろやってみました。

で、簡単かつ効果的な方法を見つけました!!

事前にショットラインを思い描いて、その軌道に沿ってシュートを打つのではなく、
シュートを打った時の軌道を覚えておいて、それがまっすぐかどうか確認するんです!

シュートを打つ時、ボールは自分の目の前を通過します。
その時の軌道は、意識していれば、残像として簡単に記憶に残ります。
打った後に、その軌道がまっすぐリングに向かっていたかどうか確認して、
まっすぐでなければ、次のシュートで修正します。
まっすぐ打ててたら、次のシュートも同じ軌道になるように打ちます。

それを繰り返していけば、自然にシュートのブレが少なくなり、精度が向上します!

これは、フォロースルーをやるのと同じ考え方だと思います。
フォロースルーは、毎回同じ場所に手を持っていくことを意識することによって、シュートの精度を上げます。

ショットラインも同じです。
ただ違うのは、フォロースルーは、最後の1点にだけ注目しているのに対し、ショットラインは、線で捉えています。
なので、より精度が高いと思います。

シュートが左右にぶれる人は、やってみてください。

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。