スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートジャンパー

みなさん、ご存知のとおり、私はショートとミドルのジャンプシュートがまったく入りません。

すべて、ボール3個分ぐらい大きくなってしまいます。
ジャンプシュートを身につけて以来、シュートレンジが、段階を踏まずに一気に拡がったので、
短い距離の打ち方が分からないんです。

飛距離の違いをどう調整しているのか、いろんな人にききましたけど、
返ってくる答えは、みんな「感覚で!」なんですよね。

たしかに、人のフォームを見ていても、距離によってフォームを変えたりせず、
しっかりジャンプして、しっかり手首を返してます。
見ている限り、違いはタメの長さぐらいですかね。

ということは、フォームではなく、力加減で調整しているんでしょうね。
3Pシュートの練習の合間にちょこちょこ練習してるんですが、弱く打つのは難しいです。
弱く打つと、グリップも弱くなってしまって、安定しないんですよね。

というわけで、まだ苦戦中なんですが、ふと"妙案"が浮かびました!
ちなみに、ここで言う妙案とは、「絶妙な案」ではなく「妙な案」です。(笑)

そのアイディアとは、
「飛距離が長すぎるなら、後ろに跳べばいい!」

・・・・・・・・・・すみません。中学生が考えそうなアイディアで。

まあ、つまり弱く打つのではなく、フェイダウェイで打てば、強く打っても飛び過ぎないって事なんですけど・・・。
どうなんでしょ、このアイディアは?
コロンブスの卵的な、盲点を付いたナイスアイディアなのか、素人の浅知恵なのか・・・。

なんか、簡単なシュートをわざわざ難しくしている感じはありますが・・・、
でも、実際にやってみると、意外といい感じなんですよね。
まだ、ちょっとしかやってないので、なんとも言えませんが、弱く打つより簡単な気がしました。

さあ、このアイディアは「名案」となるのか、それとも単なる「迷案」なのか、皆さんはどう思います?

コメントの投稿

非公開コメント

個人的には安定度に影響出そうな気がします…

でもフォームは人それぞれなのでそれが一番しっくりくれば別にではないかと思います

ただ案としてはやっぱり「迷案」の方に一票です(笑)

No title

ナイスアイディアだと思いますi-234
デイフェンスもかわせますし!
そのかわりリバウンドに行けなくなりますけどi-201
kenさんみたいにバンクショットも試してみては?
メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。