スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できてた!

シュート練習の際、ビデオを撮っていたので、帰ったらさっそく見てみました。

・・・おお~、ジャンプシュートだ!ジャンプシュートになってる!!!
ほとんどジャンプしてないけど、ジャンプシュートだ!!
憧れのジャンプシュートをついに・・・。ちょっと、目頭が熱くなりました。

まあ、見る人が見れば、「これはジャンプシュートではなく、ジャンピングシュートだ。」とか、
「全然飛んでないじゃん。セットシュートと変わんなくない?」とか言われそうですが。
でも、いいんです。ジャンプの高さとか打つタイミングとかは、これから調整していけば。
練習を重ねて、フォームが安定してくれば、その辺の微調整はいくらでもできます。
いままでは、打つ練習すらできなかったのですから。ようやくスタート地点に立てたことが大きいです。

このセミ・ジャンプシュートが打てるようになったことは、実戦においても非常に大きいです。

①シュートまでが速い。

いままでは、ボールをセットして、一旦止まってから打っていましたので、打つまでが遅いです。
完全にフリーの状態でしかシュートを打てませんでした。

でも、ジャンプシュートでは、ボールをセットすると同時に打てるので、かなり速くなります。

②飛距離が伸びる・・・はず!

いままでは、ボールを持ち上げたあと、一旦止まってから打っていました。
そのため、ボールを持ち上げる勢いが利用できなかったのです。
ジャンプシュートでは、ボールを持ち上げてから打つまでが一つの流れになっています。
ボールを持ち上げてジャンプしてシュートを打つまで、
すべての動きが上方向の力となって、ボールに伝わります。

今はまだ、ボールに上手く力を伝えることができていませんが、
慣れてくれば、自然に飛距離が伸びると思います。

③シュート足を作らなくてよい。

セットシュートでは、右足が下がった状態(左足が前の状態)では打てません。
その場合、必ずワンステップして、いつもの位置に右足を持ってきてから打つ必要があります。

しかし、ジャンプシュートの場合、打つ瞬間に体がゴールに正対していればよいので、
どんなスタンスからでも打つことができます。

・・・まあ、まだできませんが。

コメントの投稿

非公開コメント

メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。