スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンスリバウンド

ディフェンスリバウンドについてまとめました。参考にしてください。

ディフェンスリバウンドでは、スキルや高さは重要ではありません。
基本的なことを全員が毎回きちんと実行する意識が大事です。
リバウンドはバスケ経験の少ない私達が、唯一経験者と互角に戦える部分です。
リバウンドを制して、優位に立ちましょう!

①リバウンドを取るまでディフェンスは終わりではない。

シュートを打たれたら、ディフェンスは終わりではありません。
ディフェンスリバウンドを抑えるまでが、ディフェンスです。
せっかく、難しいシュートを打たせても、リバウンドを取られたら無意味です。
ディフェンスリバウンドは、ディフェンスよりも重要です。
ディフェンスリバウンドを取るまで、油断しないようにしましょう。

②シュートはすべて外れると考える。

シュートが外れそうだから、リバウンドの準備をするのではなく、
シュートはすべて外れると考えてリバウンドに入ります。
例え、短い距離のシュートでも、レイアップでも外れる可能性があります。
そして、いざ外れた時にそれに備えていないと、せっかくの相手のミスを帳消しにしてしまいます。
シュートが打たれたら、毎回、外れると考えてリバウンドに入りましょう。
これは、オフェンスリバウンドも同様です。

③ボールを取りに行くのではなく、エリアを守る。

うちのチームが一番できてない部分はここだと思います。
みんなシュートが打たれた瞬間にボールの行方を追い、ボールを取りに行ってます。

ディフェンスリバウンドは、ボールを取りに行くのではなく、オフェンスを外に追いやり、
インサイドのエリアを確保することによって、オフェンスにリバウンドをとらせないようにします。
5人全員が自分のマークマンを完全にブロックアウトすれば、オフェンスはリバウンドを取れません。
そうしておいて、落ちてきたボールをゆっくり拾えばいいんです。

うちの場合、シュートが打たれた瞬間にディフェンスが収縮しています。
しかし、本来は、逆にディフェンスは広がって、支配領域を出来るだけ広げなければいけないのです。
ディフェンスが収縮してしまうと、ゴール下に落ちてきたボールしか取れません。
うちが、ミドル・ロングシュートのロングリバウンドをよくオフェンスに取られるのは、これが原因です。

④自分のマークマンに触れていない状態で、背を向けない。

これもうちのチームが出来てない部分です。
相手に触れていない状態で、背を向けてしまうと、相手の動きがまったくわかりません。
オフェンスは簡単に中に飛び込めてしまいます。

スクリーンアウトの基本は、まず相手に体をぶつけ、相手の動きを封じます。
その上で、ターンして相手を背中に背負った状態でボールの行方を追います。

オフェンスが自由に動ける状態で、ボールに視線を移してはいけません。

相手がある程度距離を置いていて、オフェンスリバウンドに来る気配がない時は、
半身でボールとマークマンの両方を見るという方法もあります。

ただ、半身の場合は左右の揺さぶりへの対応が弱いので、相手が距離を詰めてきた場合は、
すぐさま、相手の方向を向き、飛び込みを防がなければいけません。

前に出て相手に体をぶつけるのは、相手の動きを封じるだけでなく、
自分がリバウンドをとれるエリアを広げるという意味もあります。
ミドル・ロングシュートのリバウンドを取る上でとても重要です。
スポンサーサイト

バスケというスポーツ

今日は、私の"バスケ観"的なものを語っちゃったりします。
長文なので、興味ない人は読まなくていいですよ~。

え~と、あたり前のことですが、バスケというスポーツは、相手チームより多く点を取ったほうが勝ちになります。
そして、それぞれのチームの得点は以下の式で算出できます。

シュート回数(2P) x 2PのFG% x 2点
+ シュート回数(3P) x 3PのFG% x 3点
+ フリースローの回数 x フリースローの成功率 x 1点 = 総得点


わかりやすくするために、3Pとフリースローを考慮しないで単純化するとこんな感じです。

シュート回数 x シュート成功率 x 2 = 得点

上記の式から、バスケというスポーツの本質が見えてきます。
つまり、バスケにおけるすべてのプレイは、以下の4つのことを目的としているのです。

<オフェンス>
①できるだけシュート回数を増やす。
②できるだけ成功率の高いシュートを打つ。

<ディフェンス>
③できるだけ相手のシュート回数を減らす。
④できるだけ成功率の低いシュートを打たせる。


具体的に言うと、オフェンスの目的とは、成功率の高いシュートを打つために、
フリーのシュートチャンスを作ったり、速攻などのイージーシュートを増やす。
そして、シュート回数を増やすために、ターンノーバーを減らし、オフェンスリバウンドをとる。

ディフェンスの目的は、相手のシュート成功率を下げるために、速攻を止めてイージーシュートを打たせない。
フリーで打たせず、出来るだけ難しいシュートを打たせる。
そして、相手のシュート回数を増やさないために、ディフェンスリバウンドをしっかり抑える。

そして、バスケの練習は、上記の目的のために必要なスキルを身につけるためのものです。

ターンノーバーをせずにより良いシュートチャンスを作り出すために、ボールハンドリングやドリブル、パス、
ポストアップ、スクリーンの練習をします。
そして、シュートをより確率良く決めるためにシュート練習や速攻の練習をやります。

ディフェンスでは、フリーで打たせないための動き方を練習します。
そして、オフェンスリバウンドを取らせないためにスクリーンアウトの練習をします。

まあ、何が言いたいかといいますと、バスケにおける練習にしろ、勉強にしろ、試合中のプレイにせよ、
およそバスケに関わるあらゆることが、上記の4つの目的の為に行われているということです。

試合中も練習中も、さらには普段の日常生活においても、この4つの目的を常に意識していることが
バスケの上達にすごく大事だと考えています。
目的のないプレイや練習は無意味ですしね。

スクリーンアウト!!

バスケにおいて、リバウンドは非常に重要です。
「リバウンドを制するものはゲームを制す」という言葉がありますが、
これは決して大げさではなく、厳然たる事実なのです。

オフェンスリバウンドを取れば、シュートミスが帳消しになり、もう一度シュートチャンスが生まれます。
ディフェンスリバウンドを取れなければ、せっかく良いディフェンスをしたとしても全く意味は無く、
しかも、相手のオフェンスは、自分達がディフェンスリバウンドを抑えるか、相手がターンノーバーするか、
もしくは点を取られるまで永遠に続きます。

ある意味、リバウンドというのは、オフェンス力やディフェンス力よりも重要なのです。

そして、リバウンドを取る為に最も重要なのが、ポジショニング、つまりスクリーンアウトです。

さて、ココからが本題です。

私は以前からウチのチームのメンバーはあまりスクリーンアウトをちゃんとやっていないな~と感じていました。

*もちろん、私もいつもちゃんと出来てるわけではないです。足が動かなくてオフェンスリバウンドに行かない事は多いですし、隙をつかれてオフェンスに中に入られてしまうことも頻繁にあります。疲れているとついサボってしまいます。

ウチのチームは試合でも相手にオフェンスリバウンドを取られる事が多いと思います。
なので、試合中も練習中もリバウンドをちゃんとやるようみんなに声をかけてました。
しかし、あまり改善されているように思えませんでした。
ただ、私もプレイ中は他の人のプレイを観察しているわけではないので、
実際にみんながスクリーンアウトをどの程度やっているのかはわかりませんでした。

で、今日、私は用事があって先にあがることになったので、着がえながらみんなのプレイを見てました。
今日は6人いて、3on3をやってました。

正直、ビックリしました。

6人のうち、6人全員がスクリーンアウトを一切やっていませんでした。

そして、よくよく考えてみて、もっと衝撃的な事実に気がつきました。

私はこのチームで、他のメンバーがスクリーンアウトをしているのをほとんど見た記憶がありませんでした。
ひょっとすると、1回も見たことが無いかもしれません。


非常にショックでした。
今日は外出していて帰りが遅くなったのですが、帰ってから、先日の試合のビデオを観てみました。

ビデオを観て、唖然としました。

試合中、誰もスクリーンアウトを一切していません。一人の例外も無く全員です!
シュートが打たれた瞬間、全員自分のマークマンをほったらかしにして、ボールを見ています。
そして、相手のオフェンスは、ディフェンスの選手の間から、どんどん中に入ってきています。
1人だけではありません!2人も3人も入ってきています!
それに対して、ディフェンスは止めようとするどころか、全く気がついてもいないようでした。

私はこれを見たとき、涙が出そうになりました。
いま、夜中の12時を過ぎてますが、ショックで寝られないため、この記事を書いてます。

これで試合に勝てるわけがありません!
ウチが弱いのは当然です!
勝てるとしたら、オフェンスリバウンドを取りに来ないチームか、
ウチと同じくスクリーンアウトをしないチームだけです。

このままでは、間違いなく冬季大会も1回戦負けになるでしょう。
早急に改善が必要です。

<参考>
バスケットボールの技術を学ぼう「ブロックアウト」
スクリーンアウトって?
スクリーンアウト: Dr.Bのバスケットボール講座

ハシを左手で。

左手をもっとうまく使えるようになるために、数日前から左手で箸を使うようにしました。
早食い防止にもなるし、一石二鳥!

ところで、この方法って、よく聞くけど、ホントに効果あるのかな?
なんか、都市伝説とか民間療法とかと同じ胡散臭さがすごいするんだけど・・・。

そういえば、おれ書くのは左手だけど、左のドリブルヘタじゃん。^^;
やっぱ、無意味なんかな~。

手に引きつけるドリブル

昨日気づいたコツを、しっかり身につけようとドリブル練習してたんですが、いくつか気づいたことがあります。

7/27: ドリブルは、突くのではなく引く!

まず、このドリブルだと、自然にドリブルが強くなります。

いままでは、ドリブルが弱かったので、なるべく強く突くように意識してたんですが、
けっこう腕が疲れて長時間持たなかったんです。
でも、ボールを迎えに行って突くドリブルだと、勝手に強いドリブルになります。
というか、いままでと同じ強さで突くと、ドリブルが強すぎて制御しきれません。

次に、このドリブルだと、クロスオーバーの振り幅を自由に調整できます。

分かりやすく、絵で説明します。
クロスオーバー

左側から、右側にドリブルを突くとします。

いままでは、Bの位置で突いて、Eの位置で受け止めていました。
すばやく切り返す場合は、Cで突いて、Dで受け止めたり、
振り幅を大きくするためには、Aで突いて、Fで受け止めたり、
また、左右の高さを変えたりもできます。
ただ、難しいです。特にAからFのような大きな動きは、かなり正確なコントロールがないと、
ファンブルしてしまいます。

一方、引きつけるドリブルでは、通常の高さの場合、Bの位置から突き始め、Cの位置で手から離れます。
そして、Dの位置まで手を下げて、DからEに引くようにして受け止めます。
すばやく切り返す場合は、Dで受け止めます。
振り幅を大きくする場合は、DからFまで引きつけます。

こんな説明で通じるのかな・・・。^^;

つまり、どんな高さのドリブルでも、どんな振り幅のクロスオーバーでも、
ボールを離す位置は必ず"C"で、ボールを受け止める位置は必ず"D"なんです(左側から右側の場合)。
突きはじめの高さは、A~Cと幅がありますが、離す位置はCで、
受け止めるときは、Dでボールに触り、そして、好きな位置まで引きつけます。
Dですばやく切り返すもよし、Fまで引きつけて、大きく揺さぶるのもよし。

このドリブルのメリットは、いくつかあります。

①手を離れてから、受け止めるまでの距離が、CからDまでと短いため、ブレにくい。
②ボールが離れている時間が極めて短いので、カットされにくい。
③ボールに触っている時間が長いので、途中で自由に変化できる。

ちょっと慣れが必要だと思いますが、一度慣れてしまえば、
かなりドリブルのレベルがあがるんじゃないかな~と期待してます。

ドリブルは、突くのではなく引く!

昨日、YouTubeでドリブルの動画をいろいろ見てたんです。

参照: LEARN THE KILLER CROSSOVER DRIBBLE!

で、さっそく今朝ドリブル練習している時に、やってみたんですけど、やっぱ難しい。

以前もSさんがやっているような、振り幅の大きいクロスオーバーをやってみたくて、
真似してみたんですけど、うまくいきませんでした。

で、しばらくいろいろ試行錯誤してたんですけど、ふと先日の練習中に撮ったビデオを思い出したんです。
・・・そういえば、俺のドリブルは、腰が落ちてなくて、けっこう高かったな。
あと、ドリブルが硬かった気がする・・・。

腰を落として、低くドリブルするように心がけながらやっていたら、ふと頭の中に声が!(ウソ)

「ドリブルは突くんじゃなくて、引くんじゃ、ボケェ」 by トビ(あひるの空)

ああ!なるほど!上でボールを待つんじゃなくて、手を下におろして迎えに行くのか!!
おお!ボールに触っている時間が長いので、ボールをより自由自在にコントールできる!!

身につけるまでには、まだ時間がかかりそうですが、ちゃんと身につければ、ターンノーバーを減らせそうです。
しかも、これ、背が低くて、足が短い私は、地面近くまで手が届くので有利!!・・・グスン!

ベターバスケットボール

ベターバスケットボールシリーズをまた新しく買ってしまいました。

ベタースコアリング - ボール無しの得点

・・・もうちょっとタイトルを工夫しようぜ。
英語タイトルの「Scoring Without the Ball」を直訳しただけなんだよね。

このベターバスケットボールシリーズは、実は結構高くて4,800円もしますが、
でも、その分内容はかなり充実しています。
わたしは、ベターシューティング、ベターパッシングを持っていて、3つめです。

ベターシューティングは、かなり良かったです。
このDVDは、私がジャンプシュートを身につけるきっかけになりました。
そして、それにより、3Pシュートが届くようになりました。
見たい人は、たっちゃんに言ってください。いまは、やつの家のどこかに埋まってます。

ベターパッシングは、・・・ビミョーでした。
悪くはないんだけど、値段ほどの価値はないかな~。もう少し、細かいところまで突っ込んで欲しかった。

さあ!ベタースコアリングは、当たりかはずれか!
日曜には届くかな~?楽しみです。

フェイスアップ

上級者とそうじゃないプレイヤーの違いというのは、いろんな所ででますが、
「ドリブルの際の姿勢」というのは、実力の違いが顕著に出る部分の一つではないでしょうか。

部活経験者は、中学時代に「ドリブルしてる時、ボールを見るな!」と怒られた記憶はありませんか?
中級者でも意外と下を見てる人って多いんですよね~。
普通にドリブルしているときは見なくても、ドライブの時は下をむいたり。
でも、自分じゃなかなか気づかないんですよ(ちなみに私も自分がどうなってるか分かってません)。

上級者3名はドリブルの際、絶対に下を向きません(・・・たぶん)。
下を見ていたら、他のプレイヤーの位置・動きを把握できません!
ディフェンスのヘルプに対応できないし、パスも出せません。

床は平らです!ボールが帰ってくる場所は分かっているはずです!
ボールを見る暇があったら、まわりをよく見ましょう!

と言いたいところですが、これって意識するだけじゃできないんですよね。
ボールを見ないでドリブルする練習が必要です。

バスケの前に、アップ替わりに5分程度のドリブル練習を入れるといいかもしれません。
それだけでも、1~2ヶ月続ければ、効果がでると思います。
ボールは絶対に見ないように、上を向いたり、ヘアバンドとかで目隠ししたり、目を閉じたりして、やってみてください。

ちなみに、ドリブルスキルとボールハンドリングが向上すると、シュート成功率も上がります。

さらに、フェイスアップの効果はもう一つあります。

顔が上を向くことにより、自然に上体も起きます。
上体が起きてる状態は、前のめりの時より重心が後ろにあるため、止まりやすくなります。

よくバスケでは、加速する技術より止まる技術のほうが重要と言われます。

抜くのにスピードは必要ありません(もちろん速いほうがいいですが)。
緩急とフェイクだけで十分に抜けます。

それよりも、いつでもピタっと止まってジャンプシュートできる方が驚異です。

kenさんのドライブを見てるとわかると思います。
前のめりになって突っ込んでいったりしません。
緩急で揺さぶってスルッと抜いていきます。
抜かれると思って下がるとジャンプシュートを決められます。
間を詰めると抜かれます。

抜いたあとも、むやみに突っ込みません。
ポジションを取って、抜いた相手の動きを封じつつ、必ずフェイスアップして、まわりを見ています。
腰を落としていても、上体は常に起きています。

そして、シュートする最後の瞬間まで、パスとフェイクの選択肢を残しています。
ディフェンスは、パスがあるからヘルプを躊躇してしまいます。
フェイクがあるから、シュートブロックに行けません。

フェイスアップして、常に複数の選択肢を持つことにより、ディフェンスは常に2択3択を迫られます。

というわけで、みなさんドリブルの際は、フェイスアップを心がけましょう。

ドリブルは最後の手段

ここ数週間のチーム練習で気づいたんですが、a.m.6ersにはボールを持ったら、
周りの状況も見ずにノータイムでドリブルする人が結構います。
てか、上級者3名以外ほぼ全員にその傾向があるかも?

よく言われていることですが、ドリブルは最後の手段です。

ボールを持ったら、まずシュートを考える。
次にパスする相手を探して、そして最後の選択肢がドリブルです。

上級者3名のプレイを見ているとよく分かりますが、ドリブルするのは抜く時です。
無意味なドリブルは絶対にしません。

なぜか?

上級者はドリブルのリスク・デメリットをよく把握しているからだと思います。
*ここからはかなりの長文になりますので、時間のない人はとばしてください。

<ドリブルのリスク・デメリット>
1. 選択肢が減る

一度ドリブルをつきはじめると、パスフェイク・シュートフェイクからのドリブルができなくなります。
ドリブルからボールを持ったら、もう動けなくなります。

2. 移動が遅い

ドリブルはパスに比べて、移動速度がはるかに遅いです。
つまり、ディフェンスが反応しやすいということです。
パスでディフェンスを崩してもドリブルしている間に戻られてしまいます。

3. パス・シュートへの移行が遅い

ドリブル中にパス・シュートする場合は、ボールを下からピックアップする必要があります。
当然、トリプルスレットからに比べて、遅いです。
さらにシュートの場合、確率も下がります。

4. ボールを失うリスク

これが一番大きいかもしれません。
ボールを持っている状態なら、たとえ囲まれてても、そうそうボールを奪われることはありません。
ところが、ドリブル中はそうではありません。
ちょっと手で触れるだけで簡単にボールを失ってしまいます。
ドリブル中というのは、非常にリスクが高い状態なのです。

さらにドリブルというのは、一度つくとボールが戻ってくるまでに間(ま)があきます。
その間(あいだ)は一切コントロールできません。
この間(ま)が、思っている以上に大きいのです。

私も、ヘルプが来た瞬間にパスするつもりでワンドリしたら、そのワンドリをした瞬間にすばやくヘルプが来て、
ボールをピックアップする前に触られれて、ボールを失ったことが何度もあります。

上級者は、ドリブルの瞬間を必ず狙ってきます!

以上、ドリブルのリスク・デメリットでした。
ドリブルする際は、以上の4つのリスク・デメリットを理解して、周りの状況を把握した上で、使いましょう。
安易なドリブルは危険です。

おっと、忘れてた。もう一つ補足です。

よくボールを持った際の優先順位は以下のように言われています。

1.シュート
2.パス
3.ドリブル

私は、2と3の間に「待つ」というのを入れるべきなんじゃないかな~と考えてます。
味方がボールをもらいに来るのを待つ。
味方がフリーになるのを待つ。
味方がスクリーンに来てくれるのを待つ。
味方がスペースを空けてくれるのを待つ。
ディフェンスがダブルチームに来るのを待つ。

「待つ」という選択肢はけっこう有効だと思ってるんですが、どうですかね?

敵は一人ではない!

こないだの体育館バスケで気づいたことがあります。

4対4をやってるとき、私はkenさんとマッチアップしてました。
kenさんは、基本的にサポートに徹して自分からはあまり攻めてこなかったんですが、
それでも何度かドライブで抜かれました。

ま、実力差があるので抜かれるのはしょうがないとして、問題は抜かれたあとです。

kenさんに抜かれたときは、いつもヘルプがいないんです!

これはつまり、kenさんは私のディフェンスだけを見て、ドライブの判断をしているわけではなく、
他のディフェンスの位置を確認して、ヘルプがこれないと判断した上でドライブをしかけてるということだと思います。

目の前のディフェンスが抜けそうだと、つい何も考えずにドライブしてしまいます。
そして、ヘルプディフェンスに捕まってしまいます。
下手すると横から手を出されて、ボールを失います。
スピードに自信のある中級者に多いです。

でも、敵は一人ではありません!5人いるんです!
コート全体を見て、目の前のディフェスを抜いた後の展開を考えた上で、
ドライブするかどうか判断しましょう!

・・・これスクリーンをもらう時も同じことが言えるんですよね~。
スクリーナーに付いてるディフェンスを見て判断しなきゃいけないんだけど、忘れるんですよね~。
上級者への道は遠い・・・。

下半身がサボったら入らない!

皆さんご存知のとおり、私はゴール下&レイアップをよく外します。
背が低くて、ジャンプ力がないので、ある程度は仕方ないと考えていたんですが、
こないだの日曜の体育館バスケではいつもより高確率で入りました。

で、違いに気づいたんです。

こないだは、シュート打つ前のジャンプするとき、しっかり踏み切ってました。
しっかり力強く踏み切ることにより、まず、上昇する力が強くなり、楽にシュートが打てます。
また、上体が安定するので、シュートもぶれません。
さらに上昇する力が強いと、ボールのグリップも強くなります。

その結果、確率が上がるというわけです。

私以外でも、a.m.6ersはゴール下&レイアップを外す頻度が高い気がします。
外すときは、だいたい慌ててジャンプしてたり、バランスが崩れた上体で跳んでたり、体が流れていたりしています。

ポジションをとっていたら、慌てて早く跳ぶ必要はないです。
ディフェンスはヘタに動くとファールになります。
慌てずにしっかり力強く踏み切るように心がけましょう!

もし、囲まれてたら、慌てて打って、シュートを外すより、一度外に戻しましょう。

ちなみに力強く踏み切ると、けっこうふくらはぎに負担がかかります。
こないだは、そのせいで足がツリそうになりました。
普段から足腰は鍛えておかないとダメですね。

あと、強く踏み切ることがシュートの確率を上げるというのは、ゴール下&レイアップだけではなく、
すべてのシュートに言えると思います。
シュートが入らないときは、下半身がサボってないかチェックしましょう!

翼がないのにうかつに跳ぶな!

上手い人って、ポンプフェイクに引っかからないですよね~。ぜんぜん跳んでくれないです。
一方、バスケ経験の少ない人ほど、すぐに跳んでくれます。
跳んでくれたら、あとは楽です。抜いてもいいし、ファールを貰ってもいい。

フェイクに引っかかって、跳ぶか跳ばないかというのは、
上級者と初級者の差がハッキリ出る部分だと思います。

でも、上級者は、フェイクを完全に見破っているとか、
反射神経がずば抜けていいとかいうわけではないと思うんです。
恐らく、安易に跳ばないように、訓練しているんだと思います。

なぜか!?

空中では自由に動けないからです。
翼がないのだから、当たり前です。
上級者はそれをよく分かっているから、最後の最後ギリギリまで跳ばないようにしているんだと思います。

跳ぶのはいつでもできます。でも、一度跳んだら戻れません!
跳んでしまったら、まな板の鯉です!
kenさんに毎週必ず1回はやられています。

オフェンスでも同じことが言えます。
初級者は、跳んだあと、シュートもパスもできなくて、どうしようもなくなることがよくあります。
・・・はい、そうです。スミマセン、私のことです!

上級者は、絶対にやりません。
オフェンスでもディフェンスでも安易に跳びません。
最後の最後まで選択肢を残しています。

でも、これは上級者にしかできないことではないです。
常に意識していれば、身につけられます。

というわけで、身についていない人は、毎回プレイの前に自分に言い聞かせましょう。

「翼がないのにうかつに跳ぶな!」

上級者への道

新しいカテゴリ「上級者への道」を追加しました!

現在、a.m.6ersには、ずば抜けてレベルが高い上級者が3人もいます。
この恵まれた環境を利用しない手はありません!
上級者3名のプレイをよ~く観察して、盗めるだけ盗みましょう!
そして、我々もいつか上級者の仲間入りを!
・・・ま、私はまず中級者を目指さないといけないですが。

バスケのスキルには、身につけるのに長い時間がかかるものと、
知っていればすぐできるものや、意識して心がけるだけで、比較的短時間に身につけられるものがあります。

つまり、「知らない」というだけで損してることが、たくさんあると思うんです!
まず、その部分を埋めましょう!という主旨です。

みなさんも気づいた点がありましたら、掲示板やコメント欄に積極的に書きこんでください。

バスケが他のスポーツと大きく違う点②-力の入れ方

前回から、少しあいてしまいましたね。
"私が気づいたバスケが他のスポーツと違う点"の第2弾です。
「第1弾なんかもう覚えてね~よ。」という人は、↓こちらから。

バスケが他のスポーツと大きく違う点①-重心

まあ、つながりはまったくないので、読まなくてもいいですが。

前回のは、まったく同意者があらわれませんでしたが、
ただ、かかと重心というのは、私が考え出したことではなく、
ネットとかで見て、それを自分でも実際に試してみたり、人に聞いたりしたものです。

しかし、今回のは違います!
私が自分の経験から気づいたことで、裏付けもまったくありません!
なので、前回よりさらに間違っている可能性が高いので、みなさんそのつもりで読んでください。
一応、自分では正しいと思っていますが、間違っていたらすみません。

では、本題です。

バスケのシュートでは、力を抜いてリラックスするのが大事です。

でも、これはバスケに限ったことではなく、他の多くのスポーツでも同じことが言われます。
肩の力を抜いて、リラックスして、手首やヒザを柔らかく。
あらゆるスポーツの基本だと思います。

野球のバッティング、ピッチング、卓球・テニス・バドミントンのスウィング、ボクシングのパンチ。
たぶん、バレーのスパイクやサッカーのシュート、ゴルフのスウィングも一緒だと思います。

力を抜いて、リラックスした状態で構えて、そこからインパクトの瞬間にMaxになるように、力をいれる。

バスケも同じだと思っていました。
リラックスして構えて、シュートの瞬間に力を込める。

ところが違いました!
バスケのシュートでは、最初から最後まで、力を入れません!!
リラックスして構えて、シュートを打ちます。でも、ボールを離す瞬間までリラックスしたままです!
しかも、そのほうがなぜか飛距離が出るんです!!

理由は分かりません!裏付けとなる理論も仮説も何も無いです!
力を入れないほうが飛ぶというのは、物理の法則からみても、まったく矛盾しています!
でも、私の経験では、そうなんです!力を入れないほうが飛ぶんです!

これって、私だけ?他のみなさんはどうですか?
コメント待ってます。

あと、理由が分かる人がいたら、ぜひ、教えてください!

バスケが他のスポーツと大きく違う点①-重心

バスケを始めてから、バスケというスポーツでは、
他のスポーツの常識とは大きく違う点が2つあることに気づきました。

今回は、その1つ目です。
なお、これはあくまで私の個人的な意見ですので、間違っている可能性もありますが、あしからず。

多くのスポーツの基本姿勢は、前傾姿勢です。
すばやく反応するために、腰を落として、重心を前に置き、かかとを浮かせます。

野球、サッカー、テニス、バドミントン、卓球、バレー、ボクシングなどなど、
みんな前傾姿勢です(間違ってたらすみません)。
基本的にふくらはぎと太ももの前面の筋肉を使います。

ところが、バスケは違うんです!
かかとをべったり地面に付けて、お尻を突き出します。
筋トレやっている人はわかると思いますが、スクワットと同じフォームです。
*スクワットは正しいフォームでやらないと、ヒザや腰を痛めますよ~。

その状態で、かかとで地面をけるような感じで左右に動きます。
ふくらはぎではなく、ハムストリングスを使います。
↓この動画が分かりやすいかな?

YouTube: ディフェンスの基本姿勢

どうです?がっつりかかとがついているでしょう?

これって、バスケやってる人には当たり前なんですか?
私は初めて知ったとき、すごいショックでした。
バスケのようなクイックネスを必要とするスポーツで、かかとをつけるなんて!

いままでいろんなスポーツをやりましたが、すばやく反応する必要があるスポーツでは、
どのスポーツでも、すばやく動くために、腰を落として、かかとを浮かせて、前傾姿勢を取る!
というのが基本でした。あらゆるスポーツの常識と思ってました。

ところが、バスケではその常識は通じませんでした。
かかとをつけたら、すばやく動けないと思っていたのですが、
しばらくやってみて、慣れたら普通に動けるようになりました。
それだけじゃなくて、あまり疲れないというメリットもあります。

ディフェンスだけではなく、ジャンプの時も同じ姿勢を取ります。
バスケのジャンプは、ヒザで飛ぶのではなく、お尻を引いて、
ハムストリングスを使って飛ぶんだそうです。
↓これが参考になるかな?

ジャンプ力を伸ばそう

で、問題は、「なぜ、かかとをつけるのか?」ですよね?
すみません、よく分かりません!
でも、いままでネット上で見たり、人から聞いたり、自分で考えた結果、
いくつか推測しましたので、まとめてみます。
こっから先は、さらに不確実な情報になりますので、そのつもりで。

仮説①ハムストリングスは大きくて強いから!

ハムストリングスは、体の中で一番大きな筋肉なんだそうです。
筋肉の強さは、単純に筋肉量で決まります。
一方、ふくらはぎは小さく、弱いです。
なので、大きく強いハムストリングスを使ったほうが良い!・・・のではないかと。

そこで疑問が生じます。
なぜ他のスポーツは、ふくらはぎを使っているのに、バスケはハムストリングスなのか?

推測ですが、他のスポーツは、すばやく動く必要があるのは一瞬だからじゃないかと。
つまり、来る瞬間が分かっているからじゃないかと思います。
野球だと、バッターが打った瞬間。
テニス・卓球・バドミントンも相手が打った瞬間。
その瞬間だけ、反応すればいいので、ふくらはぎでいいんじゃないですかね?

一方、バスケは、オフェンスの左右の動きすべてに反応する必要があります。
オフェンスが終わるまで、ず~~~~と、オフェンスの動きに合わせて、
左右に動きつづけて、常に進路を塞ぐ必要があります。
これでは、ふくらはぎが持ちません。

ジャンプに関しても同様の理由です。
膝を使ったジャンプより、強くて大きいハムストリングスを使ったほうが、高く飛べるのではないでしょうか。

仮説②バスケは後ろへの動きが重要だから!

バスケは、他のスポーツに比べ、後ろに下がる動きが多いです。
下がる際、前傾姿勢だとすばやく下がれないですよね?
かかとをつけたほうが、すばやく後ろに下がれます。

ディフェンスだけでなく、オフェンスでも前後の動きは重要です。
ロッカーモーションやヘジテイションなど、前後の揺さぶりで抜きます。
また、ステップバックやVカットなど、前後のフェイクでスペースを空けたりします。

仮説③かかとをつけて上体を起こしたほうが視野が広いから!

さあ!だんだん怪しくなってきました(笑)。
バスケはオフェンス・ディフェンス共にコート全体に常に目を配る必要があります。
ドリブルするときは、たとえドライブするときでも、顔を上げて、周りを見るのが基本です。
ディフェンスでも、自分のマークマンだけでなく、コート全体を見る必要があります。
ディフェンスのピストルスタンスはその典型ですよね。

周りを見るためには、顔を上げる必要があります。
上体を起こせば、自然に顔は上がります。
上体を起こすには、かかとをつける必要があります。


以上、すべて仮説です!
間違ってたら、すみません!
もし、誰かの参考になれば、幸いです!

異論反論ありましたら、コメント欄まで!
メニュー
プロフィール

Masa

Author:Masa
「3Pシュートが打てるようになりたい!!」と思い、2010年5月(当時36歳)に本格的にバスケを始めました。

経験なし、スピードなし、高さなし、体力なし、3P届かないのヘッポコバスケットマンですが、楽しくやってます。

好きな選手は、ジョン・ストックトンです。

携帯はこちらから。
QR
リンク
a.m.6ers掲示板
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。